会員登録固定バナー

会員登録をお願いします

INFO&活動報告 子育て支援

おにさんさよなら、豆どうぞ

投稿日:

2022年2月3日、節分でした。
ける節目の日に
支援センター・どんぐりの森では
恒例の「まめまきごっこ」を楽しみました。

楽しんだ
と言ってしまうのも、私たちが用意する鬼は
子どもたちに親しみを感じてもらえる、
そんな工夫をしているからかもしれません。

ことしの鬼の登場は、なんと3パターン!

一人目は、紙でできた豆を投げれば、口に入れられるように
作った「逃げる」鬼(逃げる前提、なんです)。

あまり寄ってこない優しい鬼でも、幼い子には怖いようで
だから、一歩も近づけずにいて微笑ましいのですが。

二人目の鬼は「箱おに」。
箱に鬼の顔が貼ってあって、やっぱりそこに
紙まめを投げ入れるのです。

逃げる鬼には近づけなかった幼い子は、「箱おに」には積極的。
「ぼくは、箱の構造の方が気になるんだよなぁ」。

三人目は「シール豆おに」。
シール=豆を口に貼ってあげると、喜んでにこにこ。

「シール豆をもらう鬼」も「シール豆を貼る子」も
どちらも嬉しい、ほっこりする【まめまきごっこ】は
今年も無事に、できました。

きっとこれで、コロナ鬼だって山北から遠いところへ逃げたはず。
福いっぱい!の支援センター・どんぐりの森ですが
感染対策を徹底しながら雪の季節も、開いています。
3月までで一年がひと区切りしますが
新しいお友だちとの出会いも楽しみ!な私たちです。

-INFO&活動報告, 子育て支援
-

Copyright© NPO法人 おたすけさんぽく , 2022 All Rights Reserved.