会員登録固定バナー

会員登録をお願いします

INFO&活動報告 学童保育

学童での、夏のおもいで~後編

投稿日:2020年9月8日 更新日:

さぁ、お盆やすみを挟んだ前後5日間の、夏やすみ後半です。

学童ではクーラーを活用するのはもちろん、
こまめな休憩、なーんにもしないで暗くした部屋でゴロン。
水分や氷などを積極的に摂取する、などに努めていました。
そして数日に一度は「水あび」も楽しんでいました。

水あび用の衣類や水着に着替え、大はりきりで出てくる子たちもいれば……

一方で「水に濡れたくなーい」と、クールなメンバーもいて……

小さいプールに交代で入って楽しんだり、
水や霧のシャワーをあびたり逃げまわったり。
ほんの20分ほどですが、涼しい運動あそびでリフレッシュ。

そして、あれあれれ?
興味なーい、そぶりだった子たちもいつの間にか
ふぅちゃんのシャワー攻撃を楽しんでいて、ヤッタネ!なんです。

さて、この夏のメインイベントだった?のが
愛しのダンボール村の解村式でした。

解村式は午後から、ということで、
いつもは2部屋で蜜を避けていた昼食も
「学童の建物内、どこで食べてもいいよー!」の号令で
おのおの好きな場所でランチタイム。
卓球台をテーブルにしたり、ブロックを机やイスに活用したり。

はぁ~、いま思い出しても
ピクニックみたいで、とっても楽しかったんです♪

午後になり、解村式の本番。
5年生の村長・副村長・副副副村長は、
朝からふぅちゃんと真剣打ち合わせて、準備は万端。
おかげで本番は、とっても頼もしい進行でしたよ!

(式を進行する三人→大役を終えてホッとした様子の三人)

式のあとは、立食おやつパーティへと続きます。
村長たちが選んだおやつは、酒のツマミになりそうなもの多数。
"らしい"チョイスにニンマリでした。
夏やすみだけ学童に通う、という子もいたので
学校とは違う楽しみを感じてもらえていたら、嬉しいですね。

式の最後は、全員で思いっきり!「助け鬼」です。
学童全体を使って、そりゃもう大もりあがり!
つかまっても、仲間がタッチして助ければ、また逃げて。
学年も性別なんかも関係なく、みーんな一緒に楽しむ姿に
嬉しくもじーんとするような、夢のような夏!を感じたのでした。

短くても、やっぱり夏やすみって、いいものですね。

-INFO&活動報告, 学童保育
-,

Copyright© NPO法人 おたすけさんぽく , 2020 All Rights Reserved.